08 25

民主、原発ゼロの可能性検討=エネルギー・環境調査会が初会合

民主、原発ゼロの可能性検討=エネルギー・環境調査会が初会合
 民主党は24日、「エネルギー・環境調査会」(会長・前原誠司政調会長)の役員会を衆院議員会館で開き、原発依存度を将来ゼロにしてエネルギーを供給する可能性や、その際の使用済み核燃料の最終処分の在り方などについて、議論していく方針を決めた。役員会に先立つ同調査会の初総会で前原氏は、具体的な年限を設定せず、原発ゼロに向けた工程を検討していく考えを示した。
 原発依存度に関し、政府は2030年時点で0%、15%、20~25%の三つの選択肢を提示している。前原氏は「2030年にこだわる必要はない。党として独自の案を出すこともあり得る」と述べ、政府の議論にとらわれない立場を強調した。役員会ではまた、建設中のものを除き、原発の新設は困難との認識で一致した。(2012/08/24-20:27)

----- Original Message -----

東日本大震災後、”心不全、ACS、脳卒中、心配停止、肺炎”のすべてが有意に増加 (奇形児の被害情報)】
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/658.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 22 日 22:37:26: igsppGRN/E9PQ
東日本大震災後、”心不全、ACS、脳卒中、心配停止、肺炎”のすべてが有意に増加 (奇形児の被害情報) 
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/f61823fa0d57607dd26b09b51359dfb2
2012-08-22 19:41:18  原発問題


東日本大震災後に心不全が有意に増加、ACS、脳卒中も (2012. 3. 20) http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jcs2012/201203/524102.html より

東日本大震災では発災以降、心不全をはじめ、ACS、脳卒中などの循環器疾患が有意に増加していた。特に心不全の増加は、過去の大震災疫学調査では報告例がなく、東日本大震災の特徴の1つであることも浮かび上がった。東北大学循環器内科学の下川宏明氏が、3月18日まで福岡で開催されていた第76回日本循環器学会(JCS2012)のLate Breaking Clinical Trialsセッションで発表し
た。

 下川氏らは、宮城県で救急車で搬送されたすべての患者記録を調査し、東日本大震災の発災前後における循環器疾患の変動を明らかにした。加えて東北大学循環器内科におけるデバイス植え込み患者および冠攣縮性狭心症患者も対象に、震災の影響を検討した。

 救急車搬送の調査は、2008年から2011年6月30日までを対象とした。対象地域は宮城県全域だった。県医師会の全面的な協力が得られたこともあり、宮城県内12消防本部すべてが協力に応じてくれたという。


 調査期間中の救急車の出動件数は、合計で12万4152件だった(救急搬送例の初診時診断率は56.2%)。この全例を対象に、心不全、ACS(急性心筋梗塞と狭心症)、脳卒中(脳出血、脳梗塞)、心肺停止、肺炎の症例を調べた。その上で、発災前後および同時期の過去3年間について、各疾患の発生件数を比較検討した。

 下川氏らはまた、今回の震災では津波による甚大な被害を受けた沿岸部と津波の被害を免れた内陸部では事情が大きく違うと考え、沿岸部と内陸部に分けた解析も行った。

 解析ではまず、各年ごとに2月11日~3月10日と3月11日~4月7日の2期間で各疾患の発生数を比較した。その結果、2011年だけが、3月11日~4月7日の期間の方が2月11日~3月10日の期間より、心不全、ACS、脳卒中、心配停止、肺炎のすべてが有意に多かった。例えば心不全は、2011年の2月11日~3月10日では123件だったが、同年3月11日~4月7日には220件と有意に増加していた(P<0.001)。また、2008~2010年の各年の3月11日~4月7日の発生数は、それぞれ101件、100件、126件であり、2011年の方が有意に高かった(P<0.001)。

 次に、2011年の2月11日以降、4週間ごとの週間平均発生数を追ったところ、心不全は30.8件、55.0件、35.0件、31.0件、29.3件と推移していた。同様にACSは8.25件、19.0件、9.25件、5.0件、10.0件、脳卒中は70.8件、96.5件、82.0件、73.5件、62.5件、心配停止は49.0件、61.8件、46.0件、42.3件、40.3件、肺炎は46.5件、89.3件、60.5件、45.5件、47.5件とそれそれ推移していた。

 過去3年間の週間平均発生数と比較すると、2011年3月11日~4月7日の発生数は、調査した疾患すべてにおいて有意に多くなっていた。

 なお、ACSにおいては、2011年5月6日~6月2日の発生件数が過去3年間の平均週間発生数より有意に少ないことも判明。この点について下川氏は、「ACSの予備軍が前倒しで発生した可能性がある」と指摘した。

 着目点の1つである沿岸部と内陸部の比較では、沿岸部の内陸部に対するオッズ比を調べたところ、肺炎で1.54(95%信頼区間:1.06-2.26)となり、沿岸部での肺炎の患者が有意に多いことも分かった(P=0.023)。

 このほか、デバイス植え込み患者および冠攣縮性狭心症患者を対象とした検討では、不整脈(特に心室性)の増加が見られ、心臓再同期療法(CRT)治療の効果の減弱や冠攣縮の増悪の可能性なども明らかになった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【肺炎】宮城県でチェルノブイリ同様に肺炎患者、急増発生中【咳・喉痛も要注意】
2011年06月01日
マスコミでは、宮城県で肺炎患者が多数いる石巻赤十字病院が発表したとのこと。
また、チェルノブイリでも事故後、免疫低下による肺炎患者が急増したとのことです。


3月11日の震災後、少なくとも11名が『肺炎』で死亡また、
150名以上が現在石巻の赤十字病院に入院中だと、病院から発表された。
発表によると、前年中よりも患者数は5~6倍高くなっているとのこと。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/ac94e5ad8972034981fc081f2be16a60

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「無脳症の赤ちゃん、子どもの腸疾患、愛犬が心臓死」宮城県北部から主婦の報告
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/9fd8a7c480bd390b091012777e549b57 より

私は宮城県在住の主婦です。

今回の震災以降、あまり起き得ないことが立て続けにあり、

精神的にも肉体的にも疲れております。


ご報告したい事象は、3点あります。

まず1つ目、私は震災当時に妊娠をしておりました。

3月11日は妊娠9週。

ツワリのひどい時期でしたが食べ悪阻だったので、

とにかく手に入るものは迷わず飲み、食べ、

そして家族が震災の片付けで力仕事をしているあいだ、

2歳の息子や、姪達を天気の良い外で遊ばせておりました。

5月に入り、震災後行くことができていなかった

妊婦検診を病院で受け、そこで、胎児の無脳症が発覚。

週数も進んでいたので、

すぐに入院して堕胎という決断をやむを得なくされました。

何万人に一人という確率の奇形が、

まさか自分の子供に降り掛かるなんて…当時は絶望でした。

その後、生理が再開するも、いつも28日周期だったのが33日周期になったり、

生理痛がものすごく強くて、最近では、

もしかして内膜症なのだろうかと疑える症状すら出てきました。

私には2歳の子どもがおりますので、放射能からこの子を

守りたい一心で、飲み物食べ物の産地にはかなり気を付けて、

なるべく室内で過ごすようにしておりました。

しかし7月。悲しみから少し癒えて落ち着いてきた頃に、

2歳の子どもが突然強い腹痛を訴え、下痢、血便。
これが2つ目の出来事です。

あわてて病院へ駆け込み、腸重積と診断され、

すぐに麻酔をして処置。幸い、手術にならずに済むことができました。

震災後、子どもの鼻水が2ヶ月ほど出続けていることも気になり、

医師に尋ねましたが、単なる風邪か、弱いアレルギー症状でしょう、

と言われ、今回の腸重積については2歳になって

初めて起こるのはかなり珍しいが、まぁ、たまたまなったのでしょうね、、、

くらいで終わってしまいました。

なぜこんなにも私の子供たちが生命の危機にさらされるのだろう…

そう考えると、大変落ち込みました。

3つ目は、私の実家で飼っていた愛犬が、先週、突然亡くなったことです。
私の実家は今住んでいる場所から徒歩で行ける距離です。

愛犬の死因は、心臓肥大。

庭の石ころで遊ぶのが大好きで、

いつも土にまみれながら遊んでいた犬でした。

前日まで元気に遊び、たくさん食べていたのに、

急に元気がなくなり、たった一日で亡くなってしまったなんて、

本当に信じられませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


医療関係者「震災以降に“無脳症”の赤ちゃんが増えている」

http://soratokaze.kitaguni.tv/e1836834.html より

無脳症とは大脳の殆どを欠いた状態のことを言います。

どうもそんな被ばく症状が出ているみたいです・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


https://twitter.com/#!/pippi411aloha/status/103650205131476992
【無脳症の赤ちゃん】

ショック!先ほど知人の電話。

知人が授かった待望の赤ちゃんが、妊娠4ヶ月に入り無脳症と診断されたと。

1万人に5人の奇形が身近に。放射能汚染の深刻さとしか思えない。東京です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ことことファミリー

https://twitter.com/#!/h_kotoko/status/103745170750717953

ママ友さんのご友人も先月無脳症の赤ちゃんを授かり堕胎しました。

そのママ友さんは医療関係者なのですが、震災以降無脳症の赤ちゃんが増えてると言っていました。

別の看護師さんは、大丈夫だった人が急に切迫流産になる事が増えたと。

ため息しか出ません・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

双子出産の予定が・・ 1人は上半身が無く死産、もう一人は心臓がない
「血の気がひいた・双子だけど生きているのは1人だけ」
「無心体と言う異常妊娠です。足はあり頑張って生きようとしてたんでしょうけど、
上半身がなく1人の子には心臓がありません」
http://yahoo.jp/5qJR_m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


福島原発事故による被害が進行中 
”ただちに影響がない”その言葉の恐ろしさを実感している被害者たち
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/6d4bbce572c74ff0348fd062283b4195

昨年原発事故後に友人が産んだ子供が口唇口蓋裂。

その友達の産んだ子も口唇口蓋裂。

その友達の友達が産んだ子が多指。

そんな確率で奇形児が産まれますかね。

以前から居たにせよ、友達同士が奇形児で相談し合う福島。

友人の希望でTwitterに載せました。

posted at 22:33:00


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

避難先で出産すると福島の奇形児にはならないらしくデータが無いと、

彼女は必死でいろんな方に話を聞いて歩いてます。

posted at 22:34:59

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


福島原発事故後に口唇口蓋裂で産まれてしまった我が子をだいて、

実は同じことに苦しんでいるお母さんが居ないか友人が探しています!

避難先で同じ境遇の方いませんか?

posted at 22:41:45


http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/d4bfbc41a6e814feb2e2f29617c2...

口唇口蓋裂についてこのような記述がありました。

posted at 23:46:06



@DAIMAOU1961

本当にこれがいずれ認められる日がくるのでしょうか。

ただちに、、その言葉の恐ろしさを今身をもって体感しています。

posted at 23:48:18



水俣病でも認められるには時間がかかった。

友人は子供を抱きながら闘っている。

彼女が産んだ上の二人の子に異常は全くなかったんだ。

posted at 23:58:01
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ