09 13

たね蒔きジャーナル20120912

9/12(水)  永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。水野さん、近藤さんの出だしは予想通り、金本選手引退のことでした。お二人の声も重かったです。また、安倍氏のこと、領土領海と言うものの、近藤さんは自民党も原発についてはっきり言えと言われました。民主党、細野氏をなぜ降ろしたかについて言うべきで、野田氏のいる限り新しいものは出ない、閉塞感と言われました。

 オスプレイ、森本大臣、岩国市長と会談し
、試験飛行が予定される岩国で、運用は10月、初旬にはならないと森本氏いい、しかし岩国では市民の不安のある限り試験飛行NOなのです。近藤さん、市民の不安が払拭される時は来るかについて、県民大会10万人、オスプレイは機体に問題なしと言うのが引っかかり、人為ミスなら、常に危険を伴い、安全の担保は永遠にないと言われました。
 そして、小出先生のお話、事故から1年半、リスナーの声が続いており、3・11以降に小出先生のたね蒔きを知りずっと聴いている、事故が時々刻々変化する中、小出先生のお話で日常の生活をどう生きるかを決めて要ると言うのです。小出先生、1年半はつらかった、小出先生のつらさは、ふるさとを追われている、汚染地に見捨てられた人の苦しみに比べたら些細なものと言われました。

 北海道のリスナー、いままで知らなかったことを小出先生のお話で知ったと言うのですが、事故は収束しておらず、ふるさとを追われた人、汚染地にいる人はいて、苦痛は続く、何十年の単位で続くのです。

 福島1号機、放射線クリプトンと水素の濃度が上昇し、クリプトンは、ウランの核分裂で出来る200種のものの一つで、希ガスの元素郡にあり、他の物質と反応しないのです。クリプトンと水素濃度の上昇は、核分裂生成物で、核分裂すると出来るので、今でも核分裂が起きていることを疑うが、小出先生は多分違う、クリプトンにもいろいろあり、クリプトン85、半減期10.7年、事故のときに吹き出して、大部分は大気中に出たものの、格納容器にたまったものがあり、サプレッションチェンバーの上部にたまっていて、それが漏れていると小出先生推測されます。再臨界ではなく、再臨界だと他の希ガス(ゼノン)も出て分かる、クリプトン85だけが増えるなら再臨界ではないのです。

 調べる作業で、セシウムが放出され、東電はわずかというものの、量は考え方の問題で、今でも福島からセシウム他出ており、今出ているのは事故から半月の何万分の一であり、作業でセシウムが出るとしても、事故当初に比べたら何億分の一なのです。つまり、事故当初にどれだけ膨大なものが出たか、なのです。
 今日も小出先生のお話をお送りいたしました。

 続いて、選挙のたびに問題となる一票の格差、その中身と、是正されない理由について、元参院議員で、アムネスティインターナショナルの事務局長、若林秀樹さんのお話がありました。若林さん、東京スタジオでの出演で、2007年まで民主党の議員をされていたのです。アムネスティは人権団体で、選挙は基本的人権のひとつで、国の意思決定に関れるかであり、国民は怒らないといけないのです。

 どのポイントで怒るべきかについて、2009年の選挙で2.3倍、千葉と高知で、一人誕生させるのに必要な数が2.3倍あり、さらに一人出すのに数倍の差があるのです。都会の権利が小さく、その傾向が続いているのです。  これ、おかしいと裁判になり、違憲状態であり、しかし違憲状態と裁判所が言うのは、若林さん、極めて違憲に近く(原発の冷温停止状態と言うのと同じ)、イエローカード、しかし過去にはレッドカード判決もあり、しかし無効にならなかった。裁判所は違憲と言って裁判をやり直さないといけないのに、それでやり直さないから議員も本気にならないのです。

 近藤さん、選挙は統治行為の最高であり、裁判は統治行為に遠慮して、それを政治家は見抜いてやっていると言うのです。そこからは政治の領域で司法は突っ込むなと言っているのです。このまままだ行こうとしており、衆院は0増5減、参院は4増4減、民主党はマニフェストで議員を減らすと言いつつ、この始末。衆院は減らさないといけない、参院は許されるだろうという甘えがあるのです。どこが増えるか減るかは自動的に計算でき、自分の番だと分かるものなのです。議員は同じ身内感覚があり、身内の政治生命を失わせる、4増4減でも0.25しか変わらないのです。本来はいきなり1倍を目指せるのです。今は1県に必ず一人であり、県をまたいで一人選出も出切るのに、議員の政治生命にかかわりなかなかやらないのです。アメリカの上院では、大きな州でも小さな州でも議員は二人、格差は68倍あり、それでみんな納得している(州が国であり、そこの代表と見なす)。今は衆院も参院も役割は同じで、是正しないといけないのです。

 リスナーより、自民党の票田が地方で、地方の重みを増やしたかについて、これは半分当たっており、高度成長期に都市に流れて、地方の力が強くなり、それにより自民は地方の力を確保してきたのは今も同じなのです。小選挙区だと、一人の議員しか出せず、2大政党になり、小さい政党は嫌がり、比例も欲しいとなる。大政党には小選挙区のほうが有利なのです。
 これだから、格差是正をした方が得という動きについて、議員はギリギリまで動かない、マニフェストで言いながらやらず、格差を保ってきたのです。格差で落ちた人もあるわけです。2010年の参院選、神奈川で、千葉法務大臣、70万票とって、15番目で、一番下は13万で当選、神奈川は是正していない、法の番人がやらなかつたツケが回ってきているのです。

 近藤さん、今は民主党は解散を延ばしたくて、違憲で選挙できないと言い訳して、苦しいから先延ばしとは言わない、本音が出ており、もっともらしく先延ばしできる理屈になり、自民も突っ込めないのです。若林さん、0増5減は民主も了解しても、自民が乗らず廃案で、これをやっていたら選挙は出来、しかし先延ばしにされている。やる気があればいくらでもやれるのです。

 水野さん、中選挙区に戻すという声もあり、近藤さん、これは派閥を生むと言い、同じ政党同士でやりあうことになり、それで小選挙区に小沢氏が乗り、政権交代になった。逆バネが動いているのです。若林さん、中選挙区も小選挙区もそれぞれで、弱い政党は万年野党、時の国民がいい制度を選択すべきなのです。
 国民は、格差を是正しないといけないというプレッシャーを与えないといけない。同じ仕事をしても給与が5倍違うのと同じなのです。選挙の格差に国民が怒りを持ち、大阪、兵庫は損をしているのです。もっと怒らないといけないのです。そういう意識を国民が持てるかなのです。議員が一番嫌がるので、我々国民がよほど怒らないといけないのです。

 水野さん、金本の引退、どの人の話から遠くからでも行きたいということで、そういう政治家はいなくなったと、近藤さんともども言われました。閉塞感はそこで出てきて、それで維新のパワーが注目されるが、そういう中で断定的に言う人が支持されるのは分かるが、苦労をともないそこから出る言葉とは無縁である。その人の魂から出るから金本の言葉に揺さぶられる、「金本の 引退見習え 鳩と安倍」という一句もありました。  
 今日は若林さんの、一票の格差の問題でした。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ