09 21

たね蒔きジャーナル2020920

9/20(木) 永岡です、毎日放送のたね蒔きジャーナル、今日は千葉猛さんの司会、毎日新聞大阪本社論説委員の近藤伸二さんの案内で放送されました。

昨日の水野さんのお話の通り、たね蒔きは9月一杯で、リスナーのメールが2000通を越え、千葉さんありがとうございます、正式発表まで何も言えなかったと謝られました。モスクワからのメールもあったのです、たね蒔きはMBSの名誉と言われました。仙台からも、地震・津波・放射能でやられた街から、確かな情報がなく、
正確な情報のあるラジオへの感謝もありました。リスナーと番組を放送したことに千葉さん感謝されました。

 原発のニュース、東電が退職者に支払う企業年金減額を政府は認可です。係長クラスで15万円→12万円、終身年金は7万円→5万円になります。減額で1000億円の経費削減です。

 関電の決算過去最大の赤字で、原発の停止で火力の燃料費がかさみ、中間配当見送りです。1800億円の経営効率化を実施で、電気料金の値上げは、今は考えていないと言うのです。近藤さん、関電は原発の比率が高く、こういう結果で、将来的には値上げありということ、企業としてのリストラは考えて欲しいと言われました。

 そして、小出先生のお話、リスナーの質問があり、千葉の人より、枝野氏が建設中の原発工事再開としており、大間原発はフルMOXで、使用済み燃料は放射能が高く、埋められるまで100年プールで保管することについてのこと、100年は本当にそうかは明確には言えないが、MOX燃料だと普通の原発の使用済みより発熱量は高く長く尾を引く。普通の原発だと5年冷やして再処理工場に持っていくが、ガラス固化も上手くなく、出来たら50年後には埋められると思うものの、MOXだと再処理工場に移すまで時間がかかる+MOXを処理する工場なし、使用済み燃料のまま処理するが、何百年先のことか分からないのです。

 そういう燃料を使うわけで、2030年代ゼロと矛盾し、「日本が国の体裁をなしていない」、原子力はあっちへ行きこっちへ行き、2030年の結果を問うてゼロが国民の声なのに、2030年代となり、話にならないのです。
 奈良のリスナーから、革新的エネルギーの原案だと、もんじゅは廃棄物を減らす研究のあと廃炉に刷るというものの、廃棄物を減らせるかについて、原理ともんじゅの問題があり、高速中性子を使えるなら、宙ウラン元素を寿命の長いものを短くする可能性はあり、必要性はあるものの、もんじゅはその研究のためには全く向かず、途方もない危険、お金があり、もんじゅはあきらめて他で研究すべき。もんじゅを作ってしまい、廃炉に出来ないので延命したい+もんじゅを発電・研究で動かすと超優秀な核兵器材料が出来、それ目当ての人がいるのです。

 毎日に廃炉の記事があり、事故なしでも更地にするのに何年かかるかについては、実際分からない、世界でちゃんとやった例なし(実用規模の原発解体例はなし)。廃炉は手をつけずに原子炉をコンクリートで封鎖して墓場にするか、日本のやり方はばらばらにして更地にするものですが、放射能まみれで壊すのも大変、東海原発は1966年に動き出し、32年間で停止、廃炉作業が始まり、未だに原子炉本体に手は付けられていないのです。廃炉作業、ゴミが出て、ひとつの原発で60万立方メートルのゴミ、放射能のごみとして処理するのは不可能で、たくさん汚れたものは深い穴に埋める、少ないものは浅い穴に埋めるというものの、少ないものは野放しにする(クリアランスという)、鉄材など野放し→くず鉄屋さんが買い、市場に出て、家庭のフライパンになるかも知れない。フライパンで料理をして被爆するモデル計算があり、年間10マイクロシーベルトを越えないなら野放しであり、これからたくさん解体で、生活の中に原発の放射能が出回るのです。

 廃炉の仕方を研究しないといけないのに、壊す手段すらなく54基作ってしまったのです。

 今日もキーボードを叩く手が震えました。小出先生のお話、お届けいたしました。

 続いて、シリア情勢、山本美香さんが殺されて1ヶ月、シリアで何が起こっているか、人々の暮らしはどうかについて、先ごろ取材を終え帰国されたフリージャーナリストの西谷文和さんのお話がありました。シリア2番目の都市に行かれて、その状況をスタジオで話されました。

 ネットで西谷さんのブログを千葉さん読んで、危険と隣り合わせであり、西谷さん、一番か二番に危ないと言われました。リスナーより、報道関係者がなぜ狙い撃ちにされるかについて、山本さんだけでなく、フランスやレバノンの人も殺され、アサド軍が真実をばらされるのがまずくて、取材すると、シリアの国外でも殺される例があるのです。内戦では何人か殺されているのです。

 西谷さん、9月4日~14日行かれて、シリア国内、想像以上に悲惨で、自由シリア軍の隠れ家に泊まられて、22発ロケット弾が至近距離に飛んできて、西谷さん眠れずなのです。当たれば死ぬので、しかし隣の兵士はすやすや眠っているのです。運悪く破片が飛んだり、家が壊れて圧死する人もいて、遺書を書こうかと思ったほどです。

 その中で逃げられず(お金のない人他)の人もいて、しかし少なく、600万の都市に誰もいないのです。近郊もほとんど逃げているのです。

 一般市民は避難しても、トルコに逃げたら国連の支援があるが、国境を越えられない人は、お金もなく、シリアは冬が寒く、食料不足、病気で死ぬ子供が増えるのです。国際的な支援は、シリア国内は危なくて届かず、国境内の人をどう助けるかなのです。西谷さん、難民の家族とすれ違ったのです。毎日100人単位で殺されているのです。  シリアの中の病院ではカメラを回せず、これをyoutubeに流すと場所がわかり空爆されるからで、シリアの外の病院は撮影でき、片手片足、目のない人、銃弾の入った人…で一杯、レバノンの外科病棟はシリアの人で、見境なく撃たれて、デモ隊を撃つので、反アサドのデモでやられて、女性、子供もやられているのです。

 ハスナーさんという女性に西谷さん会い、空爆で逃げるためご主人と子供と4人でバイクで逃げて、そこでアサド軍に撃たれて、ご主人と子供を失った。逃げる人は生き証人で、殺されるのです。1年半続き、アラブの春で立ち上がった人を殺しており、宗教戦争、スンニ派の人を殺しているのです。アサド政権と反アサドで、それが宗教対立になり、スンニ派から自由シリア軍が出て、それを殺し、憎しみの連鎖で、圧倒的多数はスンニ派、宗教対立になっているのです。トルコ、アルメニアの人もあるが、おもにアラブ内の戦いなのです。

 リスナーより、内戦の終わる見込みについて、シナリオは3つ、アサドというシンボルを取り除き、ロシアがアサドを受け入れる、2番目は旧ユーゴみたいに国境線を分けて、国を分けること、シナリオ3は延々と内戦が続くことであり、西谷さんその3番目の可能性が高いと思うのです。

 自由シリアの兵士、学生、農民が兵士になり、徴兵制があり武器を知っている、彼らは年内にアサドを追い出すと言い、しかし戦闘機、戦車はアサドが持ち、空中戦はアサドが勝つ。しかし国際社会が黙るのは限界で、空爆禁止区域が出来ればアサドは潰れるのです。
 リスナーより、ロシアではなくアメリカの動きについて、アサド政権はイランとロシアが後ろ盾で、しかしアサドが潰れたらムスリム同胞団のイスラム国家になり、イスラエルはアサドには潰れてほしいが、その後にイスラムは困る、なら、アサどのほうがマシとなるのです。しかし、国民の生活は崩壊し、何百万人逃げて、迷惑は普通の市民なのです。

 ハスナーさんのような人が出て、リスナーより、シリア市民や兵隊の食料について、主食はパン(ナン)だが、店も壊され、買うのに3時間待つ、それが食料がなくなる危険性もあるのです。栄養不測、病気の危険性も、この冬に肺炎の可能性もあるのです、このまま手をこまねいているとそうなるのです。

 リスナーより、山本さんの最後の映像から、現地の人の生活について、電気もなく、普通に生活していたが、2ヶ月激戦で、多くの人が逃げて人口が減り、逃げ遅れた子供を山本さんが撮影し、山本さんの生きていた時より状況は悪くなっているのです。

 何とかならないかと千葉さん言われて、西谷さん積極的に介入しないといけない、国連は、中国・ロシアが拒否権を出すとだめなのです。日本が言うと信用してくれる(イギリスに占領され、日本のことを聞いてくれる)のに、日本政府に仲裁する気はないのです。  内戦で、生活が圧迫され、山本さん殺害後ジャーナリストは入りづらい、それを多くの人に知ってもらわないといけないが、西谷さん、入ったとたんに後悔です。シリアは北朝鮮と同じ、しかしネットで少し漏れているのです。

 最も強く感じたのは、戦闘機で民間の家を爆撃し、それを見ると恐ろしい、ヘリも来て、空から無実の人を殺す卑怯な戦争を続けているのです。
 西谷さんの上映報告会、9月27日、いきいきエイジングセンターで18時半からやります。

 リスナーよりメールが殺到し、3番目のシナリオは悲しい、アサドを亡命させられないかと。国連、アメリカに力はないのかとあり、近藤さん、山本さんが命を落として伝えたかったこと、西谷さんの命がけの報告、関心を持ち続けることが必要と言われました。

 西谷さんのお話も、キーボードを叩く手が震えました。今日は、西谷さんのシリアのお話をお送りいたしました。たね蒔き、後6回、しっかりお伝えいたします。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ