06 10

福島原発:原子力委員会への意見表明

福島原発:原子力委員会への意見表明

 原子力委員会が国民からの意見を募集しています。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/tyoki_oubo.htm

 東京大学の安冨歩氏は、その原子力委員会に下記のような意見を提出したそうです。安富氏のブログから
http://ameblo.jp/anmintei/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここで原子力委員会が意見を受け付けているので出しておいた。
【ご意見の概要(100字以内)】
原発は日本列島を放射能で汚染することにより、そのブランドイメージを大きく傷つけた。その回復のためにも、直ちに脱原発を明確にすべき。

【ご意見及びその理由(800字以内)】
現代社会において、最も重要な経済的価値は、ブランドである。ブランドを持つ企業は高い利益を挙げることができるが、如何に技術が高かろうと、製品がよかろうと、ブランドがなければ、利益は出ない。これは社会全体にとっても同様であり、「日本」あるいは Made in Japan ブランドこそは、我々の最大の資源である。
 ところが、福島原発事故とその処理のまずさによって、日本ブランドは致命的とも言える傷を受けた。クリーン・ハイテク・信頼性というイメージは、放射能まみれで、技術が低く、嘘つきだ、という印象に変わってしまったのである。そのダメージは、計り知れないほど大きい。ブランドがそもそも「風評」である以上、「風評被害」だと言っても無駄である。
 このダメージを回復するためには、21世紀にふさわしいあらたな経済社会についての具体的イメージ(おそらくは「里山経済」あるいは「里山社会」というもの)を提出し、それに向けて全力で邁進する以外にない。
 そのための第一歩が、「脱原発」のメッセージを明確に出すことである。もし、日本政府が、過去からの原子力中毒に拘泥するなら、ブランド価値は完全に失われてしまうことであろう。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ