09 27

たね蒔きジャーナル20120926

9/26 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、規制委員会、大飯原発の活断層の調査を来月実施で、関電も調査しているものの、島崎氏が関電の調査に不備といい、委員会の現地調査を実施する、それも原発調査をしなかった人が当たる。田中氏、他の原発も疑義のあるところは調査するというのです。

 田中氏、次に再稼動する原発、来年夏までに指摘するということで、基準を今年度にまとめて、安全性OKなら少し考えたいと言うのです。安全性は自治体も春以降に出します。
 そして、小出先生のお話、水野さんと近藤さんがたね蒔きで小出先生とお話しするのは、今日が最後です。


 小出先生も長い間ありがとうと言われて、3・11以降、小出先生1mでも風上に逃げてくれと言われて、小出先生、当時のドラスティックな時期に、日本では正確な情報が流れず、そんなときにたね蒔きが小出先生の発言を拾ってありがたく、被爆を減らしたくての思いです。しかし事故は収束せず、自分の非力を感じておられるのです。

 放射能汚染に関して、3/12~3/31に飛び散った放射能は、最大が3/12に北西5.6km、二葉町で1590マイクロシーベルト/時間であり、これは原発敷地以外で最も高い数値で、小出先生、放射線管理区域にも入るが、0.6マイクロシーベルト/時間以上は管理区域になる。20マイクロ以上は高線量で特別な許可がいる、つまり、高線量区域の80倍!の数値で、放射線従事者にとっても気をつけないといけないものの80倍なのです。最大値は3/12午後3時(水素爆発の30分前)で、水素爆発は原子炉が融けて水と反応して水素が出て爆発、水素と共に放射能が出ていて、爆発前に放射能が出た、水素が出る=他の放射能も出る、環境に漏れていたのです。それも猛烈な数字で、事故当時、ベントをやり、格納容器の中のガスを抜く。放射能も入っているのに、格納容器を守るためにベントをして、外にフィルターがいるのに日本の原発にはフィルターなし、ベントしたら放射能は環境に出る始末で、ベントをする前に多くの人を避難させないといけないのに、日本の国はパニックを恐れ、小出先生は住民の被爆を懸念するのに、住民のパニックを恐れてこの始末です。

 この数字が今出る意義について、意味のないと思われる数値も公表すべき、日本の国、電力会社は数字を公表すると住民がパニックになるので公表しないのです。モニタリングポストの数値はすぐに分かるもので、今頃出てくるのはおかしいことなのです。

 当時、政府は直ちに健康に影響なしといい、近藤さん、人の命の上にあるものはないと言われて、しかし先輩は戦争の際に人の命に関ることでも虚報が出た。震災後、正確な情報について近藤さん喋りたいとして、小出先生のそばにいたら正確な情報が流せると思い、近藤さん、感謝されています。ありがとうございましたと言われて、この情報にビックリです。

 たね蒔きのスタッフが流してくれて、小出先生ありがとうございましたと言われました。

 1590マイクロシーベルト、民主党代表選の日に伝えられたのです。もっと重要な情報が隠されていないかについて、小出先生あると思われて、また食べ物も問題があり、長野のきのこで基準を超えるセシウムがあり、長野での出荷停止は初、250km離れても汚染され、これについて、小出先生、みなさんへのメッセージは、よく分からなく、データを握っている当事者がデータを見せないようにしており、しかし、日本は民主国家、国民が主権者であり、政府、東電(犯罪者)にデータの公表を求めるべきなのです。

 水野さん、原発をいつまでにゼロという論議から、いつ再稼動になったと言われて、小出先生、原子力村は無傷で、再攻勢をかけていると言われました。

 今日の小出先生のお話は以上です。明日、最終回をお届けいたします。、今日の特集は予想通り自民党総裁選を、東京報道の神崎智大(ともひろ)さんが報告されます。元総裁が同じポジションに座るのは自民党史上初のことだそうです(…が、そういうことは在阪某球団が低迷期に再三やってきたと思いますが…(笑)、そんなことを思っていたら某球団ボロ負けです(泣))。

近藤さん、自民総裁選を、安倍氏の美しい日本を挙げて、今度の出馬は美しいかと言われて、水野さん、あの事態でもう一度かと言われて、政治家の美しさについて、潔さに美意識があり、美しいと言っていたのが日本を取り戻すといい、近藤さんはそれはいかがか、美しい日本がムチャクチャになり、ムチャクチャにした政権に自民も関っている(原発を推進した)、安倍氏は強い推進であり、原子力の持つ意味、超推進であり、もう一度出てくるのは何だ、原発に壊された日本に対する美意識はなにか?領土、尖閣と言うものの、過去の責任を取らなさ過ぎるのは自民で、責任で原発に言うべきなのになかったのです。水野さん、「放射能汚染された日本」だと言われました。

また、反原発デモをやっている人に、総理に相応しい人はと聞いて、なかなか適切な人がなく、最後は小沢氏と言うものだそうです。その小沢氏、検察が起訴しようとして検察審査会にも計画し、検察官のでっち上げた証拠で、裁かれるべきは検察、不起訴にされたら、それを検察審査会にかけてチェックすべきと近藤さん言われ、また小沢氏が民主党にいたら中国とのパイプはどうなったかと言われました。



 それで、神崎さんのお話、安倍氏の返り咲きの裏側で、今日の会場、民主党と違い、開票まで結果が分からず、緊張感に満ちていたのです。注目もあり、特に安倍氏だと中国から報道も来て(新華社通信)、神崎さんの知っている人もいて、自民に中国の関心も高かったのです。

 自民党本部で、体育館くらいの大きさ、歴代総裁の肖像画があり、安倍氏の肖像画もあり、安倍氏、自分の肖像画を見てバンザイなのです。安倍氏、笑みがこぼれる始末です。民主党は予想通りで、今日の注目は安倍氏と石原氏の2位争い、それが石破氏を逆転するかについて、神崎さんの指摘どおり安倍氏有利であり、そういう空気はあり、選挙運動で議員に接触して、会場の前で石原氏と安倍氏は顔色が違い、石原氏無表情で、勝負ありと神崎さん思われたのです。石原氏、谷垣氏を裏切り、それで負けて、政治生命の危機なのです。いざという時に裏切るというレッテルを貼られてオシマイです。

 決選投票、議員票では安倍氏で、しかし地方は石破氏、それで議員も安倍氏に入れていいのかとなり、大差なら石破氏になると思われ、決戦で石破氏は余裕、安倍氏緊張で、しかし、安倍氏の勝ちであったのです。

 しかし、神崎さんも、安倍氏、積極的にではなく、中国との緊張などで、消去法とまでは言わないもののそれで勝った。石破氏、新宿の演説を聞くと、安部氏が圧倒しており、安倍氏の応援団もいて、安倍コールもあり、対して石破氏、新宿での反応はなく、尖閣などの防衛の話で受けなかった。地方の自民ファンには受けるが、都会の無党派層の受けは悪かった(=選挙の顔として不適格)のです。

 しかし、あんな辞め方をした安倍氏、お腹もあり、特効薬も出て(ゼリア新薬から2年前出た)、フェイスブックに秘書が安倍氏の、夜中に天丼を食べる写真を載せていたのです(笑)。しかし、安倍氏の5年前の辞め方は、自民が参院で大負けしてねじれて、小沢氏に面会を申し込んで断られ、その2週間後に辞めた。つまり、お腹が弱いのではなく、困ったら投げ出す体質なのです(泣)。

 この結果、民主党から見て、輿石氏、上機嫌で?カメラの前では言わず、輿石氏、自民が割れると思っており(地方は石破氏、安倍氏は主流派ではない)、民主党からはやりやすい人になったわけです。

 今まで3党合意であり、これは怪しくなり、安倍氏と支える人は3党合意に反対しており、今までよりそういう人が要職に付いたら、対決姿勢になるのです。

 維新と安倍氏の関係、橋下氏は安倍氏を信頼がおけると言っており、近藤さん、維新と安倍氏は同じだが、橋下氏とは違うと言い、少し前なら勢いのあることを言っていた。40年前の田中角栄と福田氏と比べて、安倍氏らは面構えが違うと、こんなこと過去にあったか、それを選ぶ自民は何なのかと言われました。石原、石破、安倍と、近藤さん日本を引っ張るパワーはあるのかと、ちゃんと歳を取っているのかと言われました(笑)。

 維新のこと、安倍氏と維新の連携に関して、維新はもと自民であり、維新で既成政党はだめと言っても、将来自民に戻りたい人はある。維新は全国に候補を立て、対決相手は自民であり、そこで自民に近いのはマイナスで、橋下氏、自民とここが違う、安倍氏は維新とここが違うと言い出すのです。

 安倍氏、子供たちに誇りが持てるといい、しかし、野田氏のこの前の演説も子供の笑顔が広がる国と言っており、二人とも子供を笑わせると言っており、それについて神崎さん、政治家の常套句で、無意識にすらすらしゃべっているだけ。野田氏は民主党、少子化対策やっていない。自民も5人とも少子化対策なし、領土だけで、安倍氏も領土の話を出し、これについて中国は、安倍氏、前の総理の時も威勢のいいことを言って摩擦を作るだけであり、新華社通信の記者、困ったことになった、中国も、彼個人も(帰って仕事を探す時に、日本語の喋れる中国人は、この日中関係だとマイナスになる)大変になり、野田氏もタカ派、どっちに転んでもタカ派で、タカ派vsタカ派、しょうがない話です(泣)。

 リスナーの声、「忘れなや 自民にイエスちゃう 民主にノー」という一句もあり、近藤さん党内のことで、民主、自民共に意味のないことを良く喋ると呆れられました。「これからも 脱原発の 種をまき」と、小出先生へのリスナーの一句もありました。小出先生,誠があるのです。

 今日はテレビに安倍氏出ずっぱり、呆れました。サンテレビに変えたら某球団ボロ負けで(泣)、アニキの一発のみが救い、泣きたくなりました(泣)。今日は自民党総裁選のお話でした。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ