10 23

診察を受ける子供が増加 深刻・・・子供の視力低下 1.0未満 驚きの増加・・・

新潟 野生キノコから放射性セシウム
NHK10月19日 5時47分
新潟県湯沢町で採れた野生のキノコから国の基準を超える放射性セシウムが検出され、新潟県は、湯沢町に対し町で採れる野生のキノコについて出荷の自粛を要請するとともに、食べないよう呼びかけています。

放射性セシウムが検出されたのは、今月15日に湯沢町三国で採れた「シロヌメリイグチ」という野生のキノコです。
キノコからは、国の基準の1キログラム当たり100ベクレルを超える450ベクレルの放射性セシウムが検出されました。
このキノコは県が検査のために採取したもので、流通はしていないということです。
シロヌメリイグチは、夏から秋にかけて群生し薄茶色や肌色などさまざまな色をしていて、表面に強いぬめりがあるのが特徴です。
新潟県は、湯沢町に対し、町で採れる野生のキノコについて出荷の自粛を要請するとともに、食べないよう呼びかけています。
========================================
http://hibi-zakkan.net/archives/19222935.html

深刻・・・「子供の視力低下 1.0未満 驚きの増加。」との報道・・・それって・・・
チェルノブイリと全く一緒じゃん
カテゴリ:
放射能汚染(健康)
放射能汚染(データ)

診察を受ける子供が増加
深刻・・・子供の視力低下 1.0未満 驚きの増加・・・
それって・・・

チェルノブイリと全く一緒じゃん
チェルノブイリでは多くの子供たちも著しい視力低下などに苦しめられたことは有名ですよね。
89/07/01 北海道新聞:モスクワ=時事
30日発売のニジェーリャによると、白ロシア共和国モギレフ州で児童の貧血や視力低下、血液成分異常が発生している。同州の病院長ペニコフスキー氏が明らかにしたもので、このほか運動機能障害、無筋力症、ビタミン欠乏症、免疫異常が認められる。同州のレオノフ党第1書記によると、事故から3年たっても、学者の予測に反して、放射能の値は低下していない。同州の1430平方kmが汚染されている。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/etc/JapNews/News1989.html から拝借

確実に同じ道を歩んでる・・・
チェルノブイリの教訓を生かすどころか、隠蔽・過小評価の仕方だけ真似して・・・

NHK ETV シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 の書籍版で、今現状チェルノブイリ周辺がどのような状況なのか、よく解かります。オススメ
日本はまさに今、チェルノブイリと同等以上のイバラの道を進んでいると解かります。

低線量汚染地域からの報告―チェルノブイリ 26年後の健康被害
posted with amazlet at 12.10.14
馬場 朝子 山内 太郎
NHK出版
売り上げランキング: 5531

Amazon.co.jp で詳細を見る
スポンサーサイト
Comment
25
精神統一
91ofRLXX
青空の下、太陽の光を浴びながら性行為を行う事で、
お互いの体内エネルギーの電子が正常化され、
精神エネルギー(チャクラ)の安定化も図れるのです。
http://939t529G.blue-ski.info/939t529G/

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ