05 07

大阪自由大学通信 6号です


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■
2013年5月1日      (転載・転送歓迎)
大阪自由大学(Osaka Freedom University)通信 6号
                        学長 木津川 計
                        http://kansai.main.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□□■□■□■□■□■□■
大阪歴史講座「大阪精神の系譜―その源流を探る」の
第2期「『民都』の光と影」の講座内容が決まりました!
          (後半に詳細を紹介しています)
(講座など開催予定)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 民博連続講座「"斜界学"のススメ――常識をくつがえす技術」
 21世紀のいま、多文化共存の世界を築いていくためには、これまでの常識をく
つがえし、世界を縦、横、特に斜めから視点から見つめ直し、新しい視野を切り
拓かなくてなりません。国立民族学博物館の若い研究者のさまざまな問いかけ、
取り組みを通して、日本と世界、あるいは人類としての課題を語り合いませんか。

 第2回5月10日(金)「さかさまからみる観光」
     講師 吉田 ゆか子さん(国立民族学博物館研究員)
      現地の人々は、観光客との出会いをどのように受け止めているのか、
インドネシア・バリ島の事例をもとに考えます。

 第3回6月14日(金)「なぜ日本人は中国人とトラブルのか」
     講師 河合 洋尚さん(国立民族学博物館研究員)

 第4回7月12日(金)「伝統芸能のここが面白い!」
     講師 呉屋 淳子さん(国立民族学博物館研究員)

 第5回9月13日(金)「人類学で『いじめ』を読む」
     講師 吉田 ゆか子さん(国立民族学博物館研究員)
いずれも18時半からキャンパスポート大阪。定員20人(先着順)
http://kansai.main.jp/swfu/d/minpakuyoshida2013051001.pdf
http://kansai.main.jp/swfu/d/minpakukouza01.pdf

●歌人、道浦母都子さんによる短歌講座「短歌の楽しみ」
5月11日から毎月1回、土曜日の午後に開催します。
14時~16時、キャンパスポート大阪
 (第2回は6月15日、第3回は7月13日)
  定員 20人(先着順)。
http://kansai.main.jp/swfu/d/michiura2013051102.pdf/

● 歴史講座「大阪精神の系譜―その源流を探る」
 府市統合の動きが加速する中、「都市・大阪」のありようが注目を集めていま
す。近現代史を振り返りながら、何が「都市・大阪」の軸を形成してきたのか、
その「大阪精神の系譜」の源流をたどる作業を進めていきます。まず明治・大正
から昭和初期にかけて起きた「近代化への挑戦」の動きを追います。

■第1期「近代化への挑戦」■
第2回 5月24日「近代都市への助走 池上大阪市長と会津武士道」
     講師 元日本経済新聞編集委員 脇本祐一さん
第3回 6月21日「都市思想の先覚者 関一の軌跡と大大阪」
     講師 大阪市史料調査会調査員 松岡弘之さん
 いずれも18時半からキャンパスポート大阪。定員各40人(先着順)
http://kansai.main.jp/swfu/d/osakakeifu03.pdf

■第2期「『民都』の光と影」■
 小林一三(阪急グループ創業者)が「民衆の大都会」と呼んだ大正から昭和に
かけての大阪。その「民都」で何が起きていたのか。「帝都」東京との違いは?

第4回 7月20日「初代通天閣物語―大正アナキストと借家人同盟」
     講師 大阪府立大学准教授 酒井隆史さん

第5回 8月 2日「『私鉄王国』の成立-『帝都』と異なる独自」
     講師 奈良大学教授 三木理史さん

第6回 9月20日「なにわの沖縄―出稼ぎから定住へ」
     講師 関西沖縄文庫 金城馨さん
http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseisin201.pdf
http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseisin202.pdf

いずれも参加費は1000円(資料代)。詳細は大阪自由大学ホームページ
http://kansai.main.jp/
をご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪自由大学の活動にはどなたでもご参加できます。大阪の課題にかぎらず、い
まの日本、世界の動きをみつめながらともに考えていくべきテーマについてご意
見、ご提案をお寄せください。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////
大阪自由大学 大阪府吹田市豊津町9-22 大同門ビル5階(〒564-0051) 
電話 06-6386-4575  FAX 06-6386-1893
E-mail: kansaiforum@gmail.com  URL: http://kansai.main.jp/
発行責任者 池田 知隆
/////////////////////////////////////////////////////////////////////
スポンサーサイト
Comment
33
「日本国憲法」
http://blogs.yahoo.co.jp/costarica0012
>「エコビレッジ・コスタリカ共和村
平和の風。転載自由、情報拡散、歓迎 」
コスタリカ大統領から平和の便りすべて表示
憲法改正??■コスタリカ元(現)大統領で、1987年ノーベル平和賞受賞 オスカル・アリアス・サンチェス博士から、 高知県民・日本国民へのメッセージ(コスタリカの民主主義フォーラム 2002年7月6日)

拡散!■すごい、秘話。日本国憲法のスピリッツが「イマジン」を生み出した。"@higa0818: ジョンレノンは、ヨーコから渡された英訳の日本国憲法を何度も読んだ。そして数ヶ月後に『イマジン』ができた。そのことは知らずに忌野清志郎は「イマジンは日本の憲法みたいだ・・・」と言った。"

ジョン・レノン / イマジン (日本語訳付き)http://www.youtube.com/watch?v=TCBNF4_Zf9w&feature=share

小6が暗唱:日本国憲法前文! THE CONSTITUTION OF JAPAN
http://www.youtube.com/watch?v=ePPDNN_QxME&feature=share


「公職選挙の鉄則は無記名投票であり記名投票に当たるネット選挙はそもそも憲法違反である」

よって理由無く主権者国民に記名投票を強制するネット選挙自体が国家の統治システムを破壊する総務省首謀の内乱罪テロ選挙であることが確定した。

国民は全員決して総務省憲法破壊テロネット選挙に参加してはならない。もし参加すれば内乱罪共謀共同正犯である。

>「ネット選挙緊急導入の隠された目的は、ネットの口封じ。」
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-4687.html#more

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ