08 01

大阪自由大学通信9号です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■
2013年8月1日      (転載・転送歓迎)
大阪自由大学(Osaka Freedom University)通信 9号
                        学長 木津川 計
                        http://kansai.main.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□□■□■□■□■□■□■

●企画のご案内

・公開サロン
 ☆「万葉びとのこころ」 講師 上野誠さん(奈良大学教授)
  8月7日(水)午後6時半~8時、おおさかシニアネット。
 http://kansai.main.jp/swfu/d/uenomakoto2013080701.pdf
 
 ☆「タイガースって何だ!」 講師 玉置通夫さん(元毎日新聞編集委員)
 第1回 8月28日(水)「誕生秘話」
 第2回 9月4日(水)「電鉄本社との不思議な関係」
 第3回 9月11日(水)「なぜ熱狂させられるのか」
  18:30~20:00、大阪自由大学北浜教室
 http://kansai.main.jp/swfu/d/tigars01.pdf
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(その他の講座など開催予定)

● 歴史講座「大阪精神の系譜―その源流を探る」

 府市統合の動きが加速する中、「都市・大阪」のありようが注目を集めていま
す。近現代史を振り返りながら、何が「都市・大阪」の軸を形成してきたのか、
その「大阪精神の系譜」の源流をたどる作業を進めていきます。
 明治・大正から昭和初期を対象にした第1期「近代化への挑戦」の3回は大好
評でした。今月から第2期「『民都』の光と影」に入り、第3期「戦前の時代」
の内容も決まりました。
 
■第2期「『民都』の光と影」■

 小林一三(阪急グループ創業者)が「民衆の大都会」と呼んだ大正から昭和に
かけての大阪。その「民都」で何が起きていたのか。「帝都」東京との違いは?

 第5回 8月 2日(金)「『私鉄王国』の成立-『帝都』と異なる独自性」
     講師 奈良大学教授 三木理史さん
 第6回 9月20日(金)「なにわの沖縄―出稼ぎから定住へ」
     講師 関西沖縄文庫 金城馨さん
 http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseisin201.pdf
 http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseisin202.pdf
 
■第3期「戦前の時代」■

 「商都」に「軍都」の側面があったことを物語る大阪砲兵工廠。交差点で起き
た兵士と巡査のもめごとが陸軍と警察の対立にまで発展した「ゴーストップ事件」
。その頃、1人の「漫才作者」が誕生していた。「戦前の時代」から見えてくる
大阪精神とは―。
 
 第7回 10月18日(金)「大阪砲兵工廠の75年―工業近代化から大空襲へ―」
     講師 武庫川女子大学名誉教授 三宅 宏司さん
 第8回 11月15日(金)『ゴーストップ事件』の真相―なぜ警察と陸軍が対立
したか―」講師 宝塚大学教授 朝野 富三さん
 第9回 12月14日(土)「わが父、秋田實の背中―漫才作者の「戦争と笑い」
―」  講師 童話作家  藤田 富美恵さん

 会場は第5,8,9回がキャンパスポート大阪、第6,7回がおおさかシニア
ネット。下記のホームぺージなどでご確認ください。
 いずれも参加費1000円。定員40人(先着順)
 http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseisin3ki01.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● 民博連続講座「“斜界学”のススメ――常識をくつがえす技術」

 21世紀のいま、多文化共存の世界を築いていくためには、これまでの常識をく
つがえし、世界を縦、横、特に斜めの視点から見つめ直し、新しい視野を切り
拓かなくてなりません。国立民族学博物館の若い研究者のさまざまな問いかけ、
取り組みを通して、日本と世界、あるいは人類としての課題を語り合いませんか。
 
 第4回8月30日(金)「伝統芸能を紡ぐ若者たち」
     講師 呉屋 淳子さん(国立民族学博物館研究員)
 第5回9月13日(金)「人類学で『いじめ』を読む」
     講師 加賀谷 真梨さん(国立民族学博物館研究員)
 いずれも18時半から大阪自由大学会議室。定員20人(先着順)。
 参加費1000円
 *会場が変更になりました。ご注意ください。
 http://kansai.main.jp/swfu/d/minpakugoya2013083001.pdf
 
●森西真弓さんの歌舞伎鑑賞講座「歌舞伎を楽しむ」

 第1回 11月11日(月)「成立と特色」
 第2回 11月25日(月)「舞台と演技」
 第3回 12月 9日(月)「演目の分類」
  いずれも18時半から20時、おおさかシニアネット。
  定員 40人(先着順)。参加費1000円

●歌人、道浦母都子さんによる短歌講座「短歌の楽しみ」

 第2期を11月16日(土)から再開します。続いて12月21日(土)。
   14時~16時、キャンパスポート大阪。
   定員 20人(先着順)。参加費1000円

・・・・・・・・・・
●懇話会「いまを語る―大阪自由大学のつぶやき―」

 激動する世界をどのように読み解き、何を伝えていけばいいのでしょうか。景
気回復の見通しは不透明で、日本の外交、TPP、社会保障など難問は山積して
います。まずは、身近な、足元の課題からぼちぼちと語りあってみたいと思いま
す。ひとまず大阪自由大学のスタッフをはじめ、応援団のみなさんにさまざまな
問題提起をしていただきます。気楽にご参加ください。

 第1回 10月1日(火)「安倍改革と大阪の教育」池田知隆(ジャーナリスト)
 第2回 10月8日(火)「大阪精神とはなにか」安村俊文(元新聞記者)
 第3回 10月15日(火)「体罰について考える―日本スポーツ界の課題―」玉
置通夫(大阪スポーツマンクラブ副会長)
 第4回 10月22日(火)「テレビとナショナリズム―語学番組を通して―」阿
部清比古(元テレビディレクター)
 第5回 10月29日(火)「大阪文学の可能性は」今西富幸(ジャーナリスト)
 第6回 11月6日(水)「大阪の不健康―太閤さんの昔から―」小野啓郎(大阪
厚生年金記念病院名誉院長)

時間は、午後6時半から8時。毎週火曜、最終回のみ水曜。
会場は、大阪自由大学北浜教室。定員20人(先着順)
参加費は、1000円(ただし会員は無料)
http://kansai.main.jp/swfu/d/imakataru01.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・
詳細な開催日時、場所は大阪自由大学ホームページ
 http://kansai.main.jp/
をご覧ください。

 大阪・自由大学の活動にはどなたもご参加いただけます。大阪の課題にかぎら
ず、いまの日本、世界の動きをみつめながらともに考えていくべきテーマについ
てご意見、ご提案をお寄せください。
 
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
大阪自由大学 大阪府吹田市豊津町9-22 大同門ビル5階(〒564-0051) 
電話 06-6386-4575  FAX 06-6386-1893
E-mail: kansaiforum@gmail.com  URL: http://kansai.main.jp/
                        発行責任者 池田 知隆
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ