-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06 12

地下原発? 超党派議連発足の狙い。

◎超党派議連発足の狙いは「地下原発」は 菅降ろし?(東京新聞2011年6月10日)
http://heiheihei.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/06/03/photo.jpg
国民をあきれさせた菅直人内閣の不信任騒動。その渦中の先月31日、超党派による「地下式原子力発電所政策推進議連」が発足した。・・・主要メンバーを見ると、「菅降ろし」を画策してきた・・・
.菅首相が原子力政策の見直し(浜岡原発の一時停止要請・電力会社の発電送電の分離・自然エネルギー20%に拡大方針等)を打ち出したのに呼応するように、自民・公明両党、民主党内の反菅勢力の動きが激化。・・・

昨日の「自民党石原伸晃幹事長」の不信任案の賛成討論で、菅降ろしの最大理由のひとつが原発問題であることを告白した。・・・自民党と電力会社との蜜月時代・・・自民党の政治団体に九電力や東電力、中国電力、東北電力の会長・社長・役員からの個人献金は続いている。小沢氏も、自民党幹事長時代から東電力と経団連との関係は今でも続く。・・・

◎「菅降ろし」なぜ起きた ちらつく原発タブー(中日新聞 平成23年6月3日特報面)

http://www.asyura2.com/11/senkyo114/msg/400.html
・・・「菅降ろし」の風は、なぜ今、急に、これほどの力を得たのか。初の市民運動出身宰相は、この国の禁忌に触れた・・・菅首相が原子力政策の見直しに傾斜するのと呼応するように、自民、公明、民主党内の反菅勢力の動きが激化。首相の発電・送電部門の分離検討、事故調査・検証委員会の設置決定、自然エネルギーの拡大方針に対し、自民党の谷垣総裁が不信任案を提出する意向を表明、・・・

民主党内でも「小沢元代表周辺」が五月の大型連休後、不信任案可決に向けた多数派工作をスタート。「渡部最高顧問」が「合同誕生会」を開催。渡部氏は自民党時代から地元福島で原発を推進してきた。・・・・・「与謝野氏」は政界入り前に日本原子力発電の社員。・・・すべてを「菅政権の不手際」と矮小化させるシナリオが進行しているようにみえる。

=========================
(友人からのブログ紹介)
◎今の時期、どう言い訳しても「原発・電力問題」が争点!いろいろ問題あっても、首相は電力会社と戦っている。菅降ろしの黒幕は電力会社!今、法案賛成するものは、電力独裁に圧力かけられ自分の欲望のためおこなうのか?日本人の命を秤にかける気か?その不信任に、大義あるのか!

◎電力会社から巨大な広告費をもらっている一部マスコミも枝葉末梢を書くな!「水を入れた入れない」など過去のいいがかりで総理のキズをつけようとするマスコミ。
今、本当に重大な、(1)汚染水の行き先が無くなったこと、(2)脱原発の中心テーマ【発送電分離=送電網を国有化すること!】、スマートグリッドなど、本質的大問題をどうして書かない!

◎「経団連よ!動機不純なのは発送電分離ではなく内閣不信任だろ!発送電分離は先進国の常識=発送電分離しないと、新エネルギー開発に負けて、先進国から落伍するぞ!それでもビジネスマンか!経団連よ」

◎原発=人類史上、このぐらい「サスティナブルで無い技術」も珍しい!

(1)通常の機械=故障しても停止すれば安全→原発=停止したら地獄!→「冷温停止」名ばかりで全然安全ではない稼働と同じ!本当は「廃炉」にしなければ全然安全ではない。

(2)ウランそのものは40年で枯渇する。そのあと10万年近く廃棄物の墓守をし続ける厖大な無駄コストを計算に入れろ!→10万年マイナス40年の間、メリットなくコストだけを払い続けるバカな技術!→10万年間故障しないで冷やし続ける技術は存在しない、故障したときが人類の歴史の終わりの時。

【民主党よ連合よ!原発推進のために仕掛けられた菅降ろしにのる必要はない!堂々と電力会社の問題を暴け!】
◎大新聞よ、電力会社にいくら金もらっている!
【原発推進政権に誘導し国民を殺す大マスコミを発見し不買運動を開始しよう!(3)】

×「国民の、国民による、国民のための政治」(日本には存在しない民主主義)
→○「電力会社の、電力会社による、電力会社防衛のための政治混乱」(日本の独裁現実)
○一国の総理のクビを飛ばす超権力!!
○「脱原発」で電力会社の逆鱗にふれクビをとばされる哀れな総理!!
○「だれがやっても大変な原発事故対応不備」が理由で総理はやめさせられると思いこまされている世界一政治音痴な愚かな国民!
○電力会社に巨額の広告費をもらって、総理の悪口をいいまくり、総理はダメと国民に信じ込ませ、原発推進政権に誘導しつつある腹黒のマスコミ!→戦前の大政翼賛会礼賛で民族滅亡に誘導したと同じミスを犯しつつあるマスコミ。
◎「各大新聞」が電力会社にいくらもらっているか「調査」を開始しよう!!

【親原発マスコミを選別するヒント】口では「脱原発」をとなえても、原発推進のセンセに政権をもっていこうとする大新聞は「原発推進」とみてよい!

◎地下原発とは・・・故障したら絶対なおせない究極の技術!
(地下原発議連12使徒!)「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」=今回の「不信任騒動」の中心!
◎会長(たちあがれ日本)1『平沼赳夫』
◎顧問(民主党)2『鳩山由紀夫』3『渡部恒三』4「石井一」5「羽田孜」
◎顧問(自民党)6『谷垣禎一』7「森喜朗」8「安倍晋三」9「古賀誠」10「中川秀直」11「山本拓(福井2区)」
◎顧問(国民新党)12『亀井静香』→「原発推進御用学者リストより引用」
→http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/330.html
○与党・民主党で、内閣不信任に賛成ということは、失敗すれば与党議員生命がたたれるのだ!よほど巨大な利権がなければ、賛成はしない。その理由は、原発再開・原発推進にきまっているだろ!【民主党内反乱派=原発推進】にきまっているだろう!その理由は「水を入れたとか入れないとかの過去の小さなミス」であるわけないだろう?
○いつも一番大切なことに気がつかない世界一政治音痴な民族。
○いつも一番大切なことを書かない世界一腹黒なマスコミ。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。