04 07

大阪自由大学通信17号(2014年4月1日発行)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■
2014年4月1日      (転載・転送歓迎)
大阪自由大学(Osaka Freedom University)通信 17号

                        学長 木津川 計
                        http://kansai.main.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□□■□■□■□■□■□■

★今後の開催予定の講座のご案内
・新企画「挑戦する表現者たち―その作品世界」
・新企画「大阪精神の系譜」第5期シリーズ
・道浦母都子の短歌塾、再スタートします。

●連続講座「挑戦する表現者たち―その作品世界」

 関西に拠点をおいて活躍中の作家、ジャーナリスト、アーテストなど多彩な表
現者のみなさんに熱い思いを語っていただきます。
<第1回>5月15日(木)後藤正治さん(作家)「『奇蹟の画家』をめぐって」
<第2回>6月12日(木)黒川博行さん(作家)「エンターテインメント小説の
作法と取材」
<第3回>7月3日(木)坪内稔典さん(俳人)と道浦母都子さん(歌人)「俳句
&短歌―その魅力と可能性をめぐって」

 時間は18:30~20:30.
 会場は、上田安子服飾専門学校(大阪市北区芝田2丁目5―8)本館。
 会場地図はhttp://www.ucf.jp/college/access.html

●連続歴史講座「大阪精神の系譜―その源流を探る」

◆第5期からは「大阪精神の系譜」を人物などを通して部門別にたどっていきま
す。まずは商都の伝統と文化の中心地、船場の商人群像を取り上げます。船場に息
づく精神とは何でしょうか。なお会場が本町(船場)の「おおさかシニアネット」
に変わりますのでお気をつけ下さい。

■第5期「船場の群像」
<第13回>5月29日(木)
「大阪商人ここにあり!―創業者の街の合理精神―」
講師 元日本経済新聞編集委員 脇本 祐一さん
<第14回>6月26日(木)
「鳥井信治郎の『やってみなはれ』―サントリー創業者の商人魂と挑戦―」です。
講師 大阪商業大学教授、元サントリー文化財団専務理事 伊木稔さん
<第15回>7月17日(木)
「小倉屋山本の昆布物語―『のれん商法』と『だし文化』」小倉屋山本社長 山本博史さん
 いずれも18:30~20:30、おおさかシニアネット(地下鉄御堂筋線本町駅3番出
口、御堂筋本町交差点東へスグ、カネセビル3階)
 参加費1000円、定員40人(先着順)
http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseishin501.pdf
http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseishin502.pdf

●道浦母都子の短歌塾

4月26日(土)14時~16時の間、中央電気倶楽部(大阪市北区堂島浜2-1
-25)で開きます(隔月開催)。定員 20人(先着順)。参加費2000円(飲物
付)。会場地図はhttp://www.chuodenki-club.or.jp/
 題詠「春」と自由題の2首をつくり、参加者のみなさんと講評します。

http://kansai.main.jp/swfu/d/tanka201404.pdf

●大阪自由大学「読書カフェ」(毎月1回)

 4月12日(土)17:00~、大阪自由大学北浜教室。
 定員 20人。参加費、500円(ドリンク付き)
 今回、話題に取り上げるのは、「サバイバル宗教論」(佐藤優著、文春新書)
 案内人、三室勇さんからのご案内
「著者は元外務省主任分析官で、同志社大学大学院神学研究科修了した人。神学研究のエキスパートでもあります。その彼が同志社の隣りにある禅宗寺院相国寺の禅僧100人を相手にキリスト教、イスラム教、仏教などについて4回の特別講義を行い、それを本にしたものです。宗教という見えない世界がもつパワーが聞く者の頭に染みるように語られます。(目次)
第一講 キリスト教、イスラーム教、仏教
第二講 「救われる」とは何か
第三講 宗教から民族が見える
第四講 すべては死から始まる」

参考までに本の紹介は下記を。
http://hon.bunshun.jp/articles/-/2225

 詳細な開催日時、場所は大阪自由大学ホームページ
http://kansai.main.jp/をご覧ください。

●連続講座「映画に見る大阪」
 第3期「大阪の川」をテーマに、「泥の河」「道頓堀川」などをとりあげていこうと企画しています。5,6月ころに開催予定です。

 大阪・自由大学の活動にはどなたもご参加いただけます。大阪の課題に限らず、
いまの日本、世界の動きをみつめながらともに考えていくべきテーマについてご
意見、ご提案をお寄せください。
(大阪自由大学は、会員によって支えられています。特別会員(年額1万円)に
なっていただければ、年間を通してすべての催しに無料で参加できます。詳細は
ホームページをご覧ください)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・
大阪自由大学 大阪府吹田市豊津町9-22 大同門ビル7階(〒564-0051) 
電話 06-6386-4575  FAX 06-6386-1893
E-mail: kansaiforum@gmail.com  URL: http://kansai.main.jp/
                    発行責任者 池田 知隆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ