03 07

「菜園家族」的平和主義の構築 ― 千里の道も一歩から

琵琶湖のちかくで「里山研究庵」を開いている小貫雅男さんから、下記のような文章が寄せられました。
とても大事な問題を提起されておられます。ご関心がある方はご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


改訂版「お任せ民主主義」の終焉 ―近代の超克と主体性構築の時代へ―
(小貫雅男・伊藤恵子、2015年3月2日、A4用紙42枚分)をまとめ、
当方、里山研究庵Nomadのホームページに掲載しました。

 年明け早々、パリ新聞社襲撃事件、「イスラム国」人質事件の相次ぐ発生に、
世界の混迷を痛感させられています。
 国内では「積極的平和主義」、「成長戦略」、「地方創生」など、
上から目線の政策が次々と押しつけられている状況です。
 地域や労働の現場に生きる人々の立場に立った、
かつ21世紀日本のめざすべき方向を見据えた全一体的な研究と実践が、
今ほどもとめられている時もありません。

 戦後70年の節目にあたり、重大な岐路に立たされている今こそ、
どこかで誰かによって自らの運命が決められてしまう「お任せ民主主義」を克服し、
自らの頭で自らの道を主体的に考え行動する、
そんな主権在民のあるべき姿を取り戻したい・・・。
こうした思いから、本論はまとめられています。

 ホームページから、全文のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
 お忙しい中、恐縮ですが、お時間のある時にでもご一読いただければ幸いです。
 http://www.satoken-nomad.com/archives/category/myopinion

 今回の改訂版では、後編に その5 「菜園家族」的平和主義の構築 ― 千里の道も一歩から
を加筆しました。「積極的平和主義」の名のもとに、強引に拡大解釈改憲をすすめ、
いよいよ軍事化へと急傾斜していく今日の流れに対峙して、
非戦・平和構築の新たな具体的提案も行っています。

 後編 その5 の内容は、以下の項目です。

後編 その5 「菜園家族」的平和主義の構築 ― 千里の道も一歩から(34~39頁)

     アベノミクス主導の解釈改憲強行の歴史的暴挙
     あらためて日本国憲法を素直に読みたい
     アベノミクス「積極的平和主義」の内実たるや
     「自衛」の名の下に戦った沖縄戦の結末は
「巨大国家の暴力」と「弱者の暴力」との連鎖をどう断ち切るか
     憲法第9条の精神を生かす新たな提案
       ― 自衛隊の漸次解消と「防災隊」(仮称)への統合・再編 ※
     非戦・平和の運動に大地に根ざした新しい風を

                            ※9条具現化への新たな具体的提案

 この具体的提案が、憲法9条に根ざした非戦・平和構築の運動の創造的展開に、
ささやかながらも一つの参考になればと、期待しているところです。
 さまざまな分野の方々にお読みいただき、未来のあり方への関心と平和構築の議論が
高まっていく一つのきっかけになればと願っています。

                         2015年3月7日(土)
                         里山研究庵Nomad
                            小貫雅男
                            伊藤恵子

              〒522-0321 滋賀県犬上郡多賀町大君ヶ畑452番地
              TEL&FAX:0749-47-1920
              E-mail:onuki@satoken-nomad.com
http://www.satoken-nomad.com/
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ