-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07 02

大阪自由大学通信32号です

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■
2015年7月1日              (転載・転送・拡散歓迎)
大阪自由大学(Osaka Freedom University)通信 32号
                  学長 倉光 弘己                         http://kansai.main.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□□■□■□■□■□■□■
●戦後70年企画
☆映画特別講座「激動の時代を生きた李香蘭ー映画『支那の夜』を見る」
7月6日(月)18:30~20:30
会場 上田安子服飾専門学校本館(大阪市北区芝田2丁目5―8)
会場地図はhttp://www.ucf.jp/college/access.html
講師 上倉庸敬・大阪大学名誉教授
 解説を聞きながら、映画『支那の夜』を鑑賞し語り合います。
定員50人、参加費1000円
☆公開講演会「戦後70年から顧みる満洲国」
講師は、山室信一・京都大学人文科学研究所教授
 東京大学法学部卒。衆議院法制局参事、東北大学助教授、京大人文科学研究所 教授、今年3月まで同所長。著書に「キメラー満洲国の肖像」(吉野作造賞)、
「思想課題としてのアジア」。「憲法9条の思想水脈」(司馬遼太郎賞)など、紫
綬褒章(2009年)。
7月27日(月)18:30~20:00
会場は、上田安子服飾専門学校本館
定員50人、参加費1000円
☆連続講座「東アジアを考える」第3期「戦後70年―アジアと日本の現実」
 私たちの周囲には、アジアにルーツを持つ人たちが多く暮らしています。言葉の壁もあり、その生活はおおむね苦しいものです。しかも「多文化共生」の理想とは裏腹にまだまだ彼らへの偏見が根強く、戦後70年を迎えた今、不寛容な空気が漂い始めています。議論もさることながら、まず現実を知ることが大切です。今回は、中国帰国者や在日外国人の方々の生の声に耳を傾けてみます。
<4回>7月15日「技能実習生の実態」バングラデシュの女性
(水曜日、19:00~21:00)
会場:アジア図書館(大阪市東淀川区淡路5-2-17=阪急淡路駅から徒歩3分) 電話 06(6321)1839
参加費1000円(資料代など)定員30人

●連続講座「挑戦する表現者たち―大阪に生きる」第2期シリーズ
 関西に拠点をおいて活躍中の作家、ジャーナリスト、アーテストなど多彩な表現者のみなさんに熱い思いを語っていただきます。
<第3回> 7月13日(月)「大阪の文学―その魅力と可能性」玄月さん(芥川賞作家) 開催時間は18:30~20:30.
会場は、上田安子服飾専門学校本館。
参加費各1000円、定員50人(先着順)

●連続歴史講座「大阪精神の系譜」 第8期「大衆音楽史の群像」
 大阪の心情や街角から発した曲、サウンドを通して、その時代性を読み解いていきます。
<第3回>8月8日(土)14:30~16:30
「笠置シヅ子の戦中と戦後~『ブギの女王』を育てた大阪的心情~」
講師 フリーライター(著「ブギの女王・笠置シヅ子」)砂古口早苗さん
 =戦中は「敵性歌手」、占領期は「敗戦歌手」。ブームを築いた「女王」が物
語る昭和史。
会場は、上田安子服飾専門学校本館
参加費1000円、定員50人(先着順)

●梅田公開サロン
 梅田でちょっと寄り道して知的な語らいを楽しみませんか
(毎回、ゲストを招き、倉光学長が聞き手になり、楽しいサロンを開きます)
第1回「ことばの磨き方ー私の創作ノートからー」
ゲスト、道浦母都子さん(歌人)
 9月4日(金)14:00~15:30
会場:大阪ガスエネルギー文化研究所 都市魅力室会議室
(大阪市北区大深町3の1 グランフロント大阪ナレッジキャピタルタワーC713号、タワーC玄関のエレベータで7階に上がってください)
定員30人、参加費1000円

●連続講座「スポーツに見る戦後70年」
 スポーツの歴史をたどると、その時代の社会の断面が見えてきます。戦後70年の今年、スポーツの面から戦後の歩みを振り返ってみます。第1弾は、昭和20年から22年に焦点を当てます。

<4>7月2日(木)14時「中等野球から高校野球へ」
 終戦と同時に中等学校野球も復活へと動き出した。戦前から大会に深く関わっていた佐伯達夫が中心となり、朝日、毎日両新聞社を巻き込んで組織作り、各校への周知、進駐軍への許可申請などに奔走し、21年夏に再開した。
<5>7月9日(木)14時「甲子園ボウル、マラソン」
 甲子園ボウルの原点は、20年12月に甲子園球場で行われた進駐軍同士による親善試合だった。22年に戦後のスポーツ事業を摸索した新聞社によって実現することになるが、21年にはマラソンも始まっており、スポーツは戦後復興とともに歩んで行く。
会場 大阪スポーツマンクラブ会議室
(大阪市西区靱本町2-1-4、靱テニスセンター地下、電話06・6441・0975、FAX6441・0977)。定員20人、受講料各1000円

●道浦母都子の「短歌塾」
次回は8月29日(土)14:00~16:00 上田学園中津校舎「大阪総
合デザイン専門学校」〒531-0071 大阪市北区中津1丁目7番21号
(地下鉄・御堂筋線中津駅(5)号出口より 徒歩すぐ、阪急電車中津駅より 徒歩3分)。テキストは「新・百人一首」(文春新書)
参加される方は、次回の課題としてオノマトペ(擬声、擬態語)を使った1首と自由題の計2首を事前に提出してください。

●大阪自由大学「読書カフェ」(毎月1回)
 次回は7月18日(土)17:00~18:30
 会場は北浜教室(大阪市中央区平野町2-2-9、ビルサライ701号室)。
 取り上げるの『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 』(文春新書、 2015/5/20)800円+税。エマニュエル・トッド (著), 堀 茂樹 (翻訳)
「冷戦終結と欧州統合が生み出した「ドイツ帝国」。EUとユーロは欧州諸国民を閉じ込め、ドイツが一人勝ちするシステムと化している。ウクライナ問題で緊張を高めているのもロシアではなくドイツだ。かつての悪夢が再び甦るのか?」

●大阪自由大学賞にご応募ください!!
 いわゆる「大阪都構想」は住民投票による「反対多数」で消えてしまいました。しかし、大阪、そして関西のこれからについて多くの課題が残されたままです。「大阪と私」「関西の力」についてみなさんの思い、意見、体験や提言などをお寄せください。
◎大阪自由大学大賞(副賞30万円)
◎同     奨励賞(副賞5万円、2件)
*「大阪と私」「関西の力」をテーマに原稿用紙10枚以内。未発表のものに限
ります。
<選考委員>
・後藤正治(ノンフィクション作家)
・黒川博行(直木賞作家)
・道浦母都子(歌人)
・木津川計(雑誌「上方芸能」発行人、大阪自由大学前学長)
・倉光弘己(大阪自由大学学長)
<募集期間>
 募集中。締め切りは7月末日まで(消印有効)。(結果発表は2015年9月
予定)
<応募方法>
住所、氏名、年齢、連絡先(電話、メールアドレスなど)を記入し、印刷した
ものを郵送で大阪自由大学事務局あてにお送りください。
 大賞、奨励賞の受賞作は、大阪自由大学のホームページ上で公開するほか、受賞者には公開サロンで講演をお願いすることもあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大阪・自由大学の活動にはどなたもご参加いただけます。大阪の課題に限らず、いまの日本、世界の動きをみつめながらともに考えていくべきテーマについてご意見、ご提案をお寄せください。
*大阪自由大学は、会員によって支えられています。正会員(年額1万2000円)、賛助会員(年額2000円)。正会員の方は年間を通して原則無料で参加できます。(2015年4月1日改定)
 これまでに特別会員、正会員になっていただいている方は有効期間(1年間)
内はそのまま適用いたします。詳細はホームページをご覧ください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一般社団法人 大阪自由大学
大阪府吹田市豊津町9-22 大同門本部ビル7階(〒564-0051)
電話 06-6386-4575  FAX 06-6386-1893
E-mail: kansaiforum@gmail.com  URL: http://kansai.main.jp/
                    発行責任者 池田 知隆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
06 10

松村明作品展が6月30日から開かれます

松村明20150630
 福岡市在住の写真家・松村明さんから最新の写真集『Evidence NAGASAKI』(冬青社)をいただきました。
この刊行に伴って6月30日から7月20日まで東京都千代田区一番町25のJCIIフォトサロンで「Evidence NAGASAKI~ありふれた長崎 爆心1Km」と題し、作品展が行われます。

 長崎の被曝の記憶をとどめておこうという思いで、町に点在する被爆遺構をクローズアップし、それを見据えることで、新たに語りかけてくるものを汲み取ろうとした作品の数々です。

 添付しているのは、長崎市松山町にある原爆落下中心地の碑を下から見上げ、碑の先端上を一羽のハトが飛んで行く写真です。

 時間は午前10時から午後5時まで。入場無料。毎週月曜休館(祝祭日の場合は開館)。問い合わせはJCIIフォトサロン(03・3261・0300)。

 なお、写真展は千代田区の有楽町電気ビル20階にある日本外国特派員協会でも8月1日から9月4日まで開催されます。
10 31

大阪自由大学通信24号です。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■
2014年11月1日      (転載・転送・拡散歓迎)
大阪自由大学(Osaka Freedom University)通信 24号
                        学長 倉光 弘己
                        http://kansai.main.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□□■□■□■□■□■□■

●特別サロン「大阪が生んだ推理小説界の旗手
 有栖川有栖×貴志祐介 夢の対談「『名探偵と密室の謎』を語り尽くす」
(司会:岩崎裕美・フリーアナウンサー)
*今年最後の大型企画です。

12月5日(金)18:30~
会場 上田安子服飾専門学校本館。
(大阪市北区芝田2―5―8)=JR大阪駅、阪急梅田駅から徒歩5分
会場地図はhttp://www.ucf.jp/college/access.html

定員 60人、参加費2000円(特別会員は無料です)

●連続歴史講座「大阪精神の系譜」

第6期「笑都の群像」
 「商は笑なり」―商都大阪は、笑都大阪でもある。明治から戦後にかけて上方の笑芸を育んできた群像を取り上げます。おもろい精神とはなんでしょう。

<第2回>11月19日(水)「昭和知識人と漫才の笑い~秋田實と長沖一~」雑誌「上方芸能」発行人、木津川 計さん
<第3回>12月8日(月)「二代目渋谷天外が目指した喜劇~松竹新喜劇の革新性~」近畿大学非常勤講師(関西文化論)、古川 綾子さん

(いずれも18・30~20・30)
会場 上田安子服飾専門学校本館
定員50人(先着順)、参加費 各1000円

http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseishin602.pdf

○連続講座「映画に見る大阪」(第3期)
 
「大阪の川―水辺に生きる人たちの哀歓―」
 大阪に生きる人々は、ごく普通の庶民とはいえ、どうして鮮やかで人間味があふれているのでしょうか。銀幕からは、さまざまな喜び、哀しみを通して人間という性(さが)がくっきりと立ちのぼってきます。かつて東洋のベニスといわれた水都、大阪に生きる人たち。映画のなかに描かれたいくつかの場面を抜き出し、多彩な視点から語りあいます。
 企画 大阪の映画を楽しむ会(代表、上倉庸敬・大阪大学教授)

<第3回>11月6日(木)「明治任侠伝―三代目襲名」大阪大学招聘准教授・吉田馨さん
(加藤泰監督、鶴田浩二、藤純子出演、1965年)
<第4回>11月20日(木)「泥の河」大阪大学教授・上倉庸敬さん
(宮本輝原作、小栗康平監督、田村高廣、加賀まりこ出演、1981年)

(いずれも18時半~20時。 定員30人。参加費、1000円)
会場、上田安子服飾専門学校本館

●連続講座「東アジアを考える」

 第Ⅱ期「あちらの日本・こちらのコリア」
 「嫌韓」「反日」。あちらとこちら。この連続講座の視座は、あちらとこちらの「境界」の「超克」と「相互理解」を考えることです。

 <第5回>11月13日(木)北方領土の朝鮮人日本軍兵士」
講師 北原道子さん(歴史研究家)
 <第6回>11月27日(木)「秀吉の朝鮮出兵秘話 朝鮮人になった日本武将・沙也可(さやか)」
講師 小山帥人さん(ジャーナリスト)
(いずれも18・30~20・30)
会場:おおさかシニアネット
(大阪市中央区本町3-5-5 カネセビル3階、地下鉄御堂筋線本町駅出口③から本町交差点を東へスグ)
定員 40人(先着順)
参加費 各1000円
http://kansai.main.jp/swfu/d/acia2no01.pdf

●公開フォーラム「認知症に備える」

11月21日(金)13時半開演、17時半終了予定。
会場:大阪大学中之島センター10階佐治敬三記念講堂
     (大阪市北区中之島4―3―53)。
講演内容
・「認知症治療研究の最前線」大河内正康さん(大阪大学)
・「高血圧・動脈硬化から身を守る」東香里病院院長、藤井正満さん
・「糖尿病から身を身を守る」里直行さん(大阪大学)
・「認知症のケア」奈良リハビリテーション病院・エリシオングループ総施設長、橋本育代さん
パネルディスカッション
 参加費:無料 定員:150人(先着順)

●道浦母都子の「短歌塾」

 次回は12月13日(土)14:00~ 上田学園中津校舎「大阪総合デザイン専門学校」〒531-0071 大阪市北区中津1丁目7番21号
(地下鉄・御堂筋線中津駅(5)号出口より 徒歩すぐ、阪急電車中津駅より 徒歩3分)
[[地図はコチラ>http://www.oscd.jp/college/access.html]]

参加希望者は事務局にご連絡ください。
テキストは「新・百人一首」(文春新書)
参考文献:「現代の短歌 篠弘の選ぶ100人3840首」(新版、東京堂出版)
参加される方は、次回の題詠「靴」と自由題の2首を事前に提出してください。

大阪自由大学「読書カフェ」(毎月1回)
(案内人、三室勇さん)

次回は2014年11月8日(土)午後5時から、北浜教室で開きます。
話題にとりあげるのは、
取り上げる本は、佐伯啓思著『正義の偽装』(新潮新書,2014.01)です。
三室さんからのご案内
「本書は、雑誌『新潮45』の連載中の「反・幸福論」をまとめたもので、『反・幸福論』『日本の宿命』につぐ3冊め本です。時事的な出来事や論点を取り上げ、それを掘り下げて、思想的に論じています。3.11大震災後の出来事、ニュースなどにふれながら、戦後の「公式的な価値」は、本質的にさもしい自己利益、利己心を正しいもの、正義としてしまったのではないかと述べています。それに「自由」「民主」「経済成長」「平和主義」といった価値の記号で、あたかも「政治的正しさ」を偽装してしまっているともいいます。いま日本社会の劣化、日本人の精神の劣化がさまざまに論じられていますが、本書も日本社会の劣化を鋭く指摘する内容となっています。」

http://kansai.main.jp/index.php?%E8%AA%AD%E6%9B%B8%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7

●「リベラルな都市・大阪に向けてー大阪自由大学が目指すもの」をweb雑誌に掲載
 (現代の理論DEGITAL創刊2号 コラム関西発から)
http://gendainoriron.jp/vol.02/column/col01.php

詳細な開催日時、場所は大阪自由大学ホームページ
http://kansai.main.jp/をご覧ください。

 大阪・自由大学の活動にはどなたもご参加いただけます。大阪の課題に限らず、
いまの日本、世界の動きをみつめながらともに考えていくべきテーマについてご
意見、ご提案をお寄せください。
大阪自由大学は、会員によって支えられています。特別会員(年額1万円)に
なっていただければ、年間を通してすべての催しに無料で参加できます。詳細は
ホームページをご覧ください)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一般社団法人 大阪自由大学
大阪府吹田市豊津町9-22 大同門本部ビル7階(〒564-0051)
電話 06-6386-4575  FAX 06-6386-1893
E-mail: kansaiforum@gmail.com  URL: http://kansai.main.jp/
                    発行責任者 池田 知隆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
09 04

大阪自由大学では、「読書カフェ」を10月12日から毎月第2土曜の午後5時から、北浜教室(ジャーナリストネットの事務局でもあります)で開きます。
ご参加ください。
案内人の三室勇さんからのお誘い。

「今年3月に出版された白井聡『永続敗戦論』が話題になりました。
冒頭ではこの本にふれ、そのあと参加者のさまざまな話題へとひろ
げていきましょう。読む読まないにかかわらず、自由に語れる気軽な
読書カフェをめざしています。」

読書カフェ01
06 05

大阪自由大学通信 7号です

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■
2013年6月5日      (転載・転送歓迎)
大阪自由大学(Osaka Freedom University)通信 7号
                        学長 木津川 計
                        http://kansai.main.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□□■□■□■□■□■□■
●新企画のご案内!
・下出祐太郎サロン
 「世界に広がる蒔絵‐日本の伝統技の深さと魅力」
  7月18日(木)午後6時半~8時、おおさかシニアネット。
http://kansai.main.jp/swfu/d/shimode2013071801.pdf
・上野誠サロン
 「万葉びとのこころ」
  8月7日(水)午後6時半~8時、おおさかシニアネット。
http://kansai.main.jp/swfu/d/uenomakoto2013080701.pdf
・有栖川有栖さん(作家)を囲むサロン
  8月下旬に開催予定。乞うご期待!

・森西真弓さんの歌舞伎講座
  11月に3回開催予定。乞うご期待!

(その他の講座など開催予定)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● 民博連続講座「“斜界学”のススメ――常識をくつがえす技術」
 21世紀のいま、多文化共存の世界を築いていくためには、これまでの常識をくつがえし、世界を縦、横、特に斜めから視点から見つめ直し、新しい視野を切り拓かなくてなりません。国立民族学博物館の若い研究者のさまざまな問いかけ、取り組みを通して、日本と世界、あるいは人類としての課題を語り合いませんか。
 第3回6月14日(金)「なぜ日本人は中国人とトラブルのか」
     講師 河合 洋尚さん(国立民族学博物館研究員)
 第4回7月12日(金)「伝統芸能を紡ぐ若者たち」
     講師 呉屋 淳子さん(国立民族学博物館研究員)
第5回9月13日(金)「人類学で『いじめ』を読む」
     講師 加賀谷 真梨さん(国立民族学博物館研究員)
いずれも18時半からキャンパスポート大阪。定員20人(先着順)
http://kansai.main.jp/swfu/d/minpakuyoshida2013051001.pdf
http://kansai.main.jp/swfu/d/minpakukouza01.pdf
●歌人、道浦母都子さんによる短歌講座「短歌の楽しみ」を開催中。
第2回は6月15日(土)14時~16時、キャンパスポート大阪。

 (第3回は7月13日)
  定員 20人(先着順)。
http://kansai.main.jp/swfu/d/michiura2013051102.pdf/
● 歴史講座「大阪精神の系譜―その源流を探る」
 府市統合の動きが加速する中、「都市・大阪」のありようが注目を集めています。近現代史を振り返りながら、何が「都市・大阪」の軸を形成してきたのか、その「大阪精神の系譜」の源流をたどる作業を進めていきます。まず明治・大正から昭和初期にかけて起きた「近代化への挑戦」の動きを追います。
■第1期「近代化への挑戦」■
第3回 6月21日「都市思想の先覚者 関一の軌跡と大大阪」
     講師 大阪市史料調査会調査員 松岡弘之さん
 いずれも18時半からキャンパスポート大阪。定員各40人(先着順)
http://kansai.main.jp/swfu/d/osakakeifu03.pdf
■第2期「『民都』の光と影」■
小林一三(阪急グループ創業者)が「民衆の大都会」と呼んだ大正から昭和にかけての大阪。その「民都」で何が起きていたのか。「帝都」東京との違いは?
第4回 7月20日「初代通天閣物語―大正アナキストと借家人同盟」
     講師 大阪府立大学准教授 酒井隆史さん
第5回 8月 2日「『私鉄王国』の成立-『帝都』と異なる独自」
     講師 奈良大学教授 三木理史さん
第6回 9月20日「なにわの沖縄―出稼ぎから定住へ」
     講師 関西沖縄文庫 金城馨さん
http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseisin201.pdf
http://kansai.main.jp/swfu/d/osakaseisin202.pdf

いずれも参加費は1000円(資料代)。詳細は大阪自由大学ホームページ
http://kansai.main.jp/
をご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪自由大学の活動にはどなたもご参加いただけます。大阪の課題にかぎらず、いまの日本、世界の動きをみつめながらともに考えていくべきテーマについてご意見、ご提案をお寄せください。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
大阪自由大学 大阪府吹田市豊津町9-22 大同門ビル5階(〒564-0051) 
電話 06-6386-4575  FAX 06-6386-1893
E-mail: kansaiforum@gmail.com  URL: http://kansai.main.jp/
発行責任者 池田 知隆
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。